読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジッポー

 
久しぶりにジッポーを使う。
 
[カチャッッ!]
 
「ジポッ」!!
 
オイルがないので当然着かない。
 
中の何て言うのかは知らないが、
 
芯が入っている綿が詰まったライター本体。
 
こいつを引っ張り出し、逆さにしてオイルを下から
 
溢れる程、綿の部分に湿らす。
 
何時も思うが、このスタイルで補給方法は良いのか?
 
ずっと、これでライターの機能は果たしているから
 
良いだろう。
 
但し、補給して火をすぐ着けた場合、溢れたオイル
 
が気化し[ぼっっっ!]と青い炎が上がり、毎度の
 
事だがチョット怖い。
 
決して熱くはない。
 
一服つける。
 
最初だけ、オイルの匂いがする。
 
あくまで最初だけ。
 
これは、マッチで火を着けた時も、同じだ。
 
最初の一服だけ、マッチの硫黄と軸の木の燃えた匂
 
いがする。
 
いつもと違う匂いが在ることが、美味いと感じる。
 
当分タバコは吸い続けるだろう。