読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間

クオーツ時計
 
今の時代壁に掛けてあるとけいは、殆どクオーツ時計だ。
秒刻みで秒針が動く。
当たり前だが、黙って見ていると、時が経つのを忘れるし。
いや、時計を見ているわけだから、時を忘れたわけでわない。
秒針に気を取られて、あまり、時間が気にならなくなる。
というより、時間が経つのは早いと感じる。
そもそも、
時間とは何だっ?
有意義な時間は早い。
嫌な時間は遅い。
問題は、時間という、かこたる事実があるにも拘らず、早いとか、遅いとかと、感じるのか?
距離にしても同じ。
ある時は近く、ある時は遠い。
全て、気持ち次第で決まる。
なんだろう?