読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャロル

「キャロル」というバンドが好きで、また、バンドで演奏しようという話になった。
「ヘイ・タクシー」という曲のリブヤングバージョンはカッコいい。
通常のスタジオバージョンではなく、ライブでの編曲がいい。
そもそも、単純な3コードのロックンロールの曲は演奏していても、もちろん聴いているだけでも、心が躍る。私の音楽の原点だ。
 矢沢永吉を崇拝する狂信的なファンが多い中、特段「キャロル」のルックスや、リーゼントに興味を持つということではなく、単に音楽が好きなだけ。
「憎いあの娘」のギターソロも、何とも言えない味がある。
 
 「キャロル」がデビューした当時は新鮮だったろうと思う。
革ジャンにリーゼント。
見た目のインパクトは大事だな。
 
 そもそも、あのルックスにしても、デビュー前、ピートベストがベースを担当し、シルバービートルズとしてハンブルグで腕を磨いていた頃のビートルズそのもの。
リーゼントに革ジャン。
 毎晩酒と女と喧嘩に明け暮れていた頃のビートルズそのもの。
 
 キャロルの古典的なロックンロールの曲、ほぼ全て初期のビートルズBBCライブに入っている。
ただ、私達が古典的なロックンロールを演奏しようとすると、ビートルズのコピーだけでは、演奏自体があまりにもレトロすぎてつまらない。
 
どうしても、キャロルが編曲した方を参考にすることになる。
ヴォーカル自体は、「ジョン・レノンとポールマッカートニー」が段違いに凄過ぎるが、ジョージが、他の伴奏、特にチェットアトキンス、チャックベリー風に、「チョーキングもしてみました」感じのギターのみではあんまり面白くない。(決してけなしているわけではない。)
また、ベースも、矢沢の永ちゃんが弾くベースもドライブ感があって良い。
ポールのベースとも違う。
 
日本のバンドで、ロックンロールと言えば「キャロル」は外せない。